ブログトップ   ホームページに移動

進行状況(ブログ)

長距離トレイルのスルーハイクに挑戦するにあたって、その進行状況を報告するための場として作りました。


--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.16 Tue 09:01
IATその後 
ガスペ岬からサンフランシスコまで、つまりは大西洋から太平洋まで、地上の足を使ってはるばる約6000キロを旅してきました。念のため断っておきますが徒歩ではありません!持つべきものは友、6000キロのうち4000キロは友人知人の車です。Tim&Nina(CDT2010)、写真家/ライターMさん、ありがとうございました。

そして今はなぜかカリフォルニア州マンモスレイクスの町にいます。サンフランシスコで見つけたガイドブックに刺激され、シエラ山脈のSierra High Routeのセクションハイキング中です。もうしばらく歩きます。帰国は8月末、かな?

From Sierra Nevada 2011 summer

2011.07.25 Mon 21:26
地の果て 

ガスペ岬の"ガスペ"とは先住民族の言葉で"地の果て"の意味。地質学的にも、アパラチアン山脈が海に消えるところ。24日午前9時にそのガスペ岬に到達しIATをゴールしました。

IATはまだ誕生して日が浅いトレイル、その管理組織やシステムには問題が多く、実際に歩いてみて正直不満な部分も多くあります。しかし"笑顔でフィニッシュ"ということで、ひとまず愚痴は後にして良いところだけピックアップしてご報告。

----------------------------------------------------------------------------------


IAT唯一のトレイルエンジェル、ニューブランズウィック州Nictauのビル・ミラー。親子3代続くカヌー職人。訪れたハイカーはカヌー工房見学だけでなく、工房のそばのシェルター(右写真)に宿泊もできる。自分が訪れた際は立派な食事までご馳走になってしまった。「ここを通るIATハイカーは年間3から5人位かな。」今年は自分が最初のIATハイカーとのこと。


ニューブランズウィック州のカールトン山。見渡す限りすべて緑。


ケベック州のIATにはハイカーのためのシェルター(避難小屋)が多くある。これだけ立派な建物なのに案外利用者は少なく、たいてい独り占め。


ハイカーの足跡よりもムースの足跡の方が多いトレイルIAT。ケベック州では約30頭ほどムースを目撃した。さらに森林限界以上ではカリブー(右写真)もちらほら!


IATハイライトのChic Choc山脈。このあたりでは標高1000メートルから森林限界。最高標高1268メートルMont Jacques-Cartier(右写真)は立派な高峰だ。7月末でもまだ残雪が。


ジョージア州から4000キロ山を歩いて来て、ついに海(セント・ローレンス湾)へ!


地の果てガスペ岬。先端にはIATのモニュメント(右写真)。この先にトレイルは無い。水平線のみ。「あぁ終わった。」


2011.07.13 Wed 00:19
Bonjour! 
今はケベック州Amquiです。
ケベック州の公用語はフランス語。
ここでは自分はSentier International des Appalaches(IAT)のGrand Randonneur(Thru-Hiker)なわけです。
この先のChic-Chocs山脈がIATのハイライト、そしてそれを越えるとついに海です。海!

ちなみにフランス語の発音に関する質問は一切お断りします。聞いても真似できません!
2011.07.05 Tue 03:40
CANADA! 
お祝いのコメントやメールありがとうございます。
AT踏破、トリプルクラウン達成、お祝いだパーティーだー!
、、、といきたい所ですが、未だ道の途中、毎日歩いています。
IATの情報は少ないので先の把握で手一杯、振り返っている暇はありません。
7月3日に国境を越えてカナダに入り、今はニューブラウンスウィック州Plaster Rockという町です。
これからまた歩き出します。ではまた!
2011.06.30 Thu 23:41
カタディン 
6月27日10時AM、カタディン山頂に到達しATをフィニッシュしました。


しかし、、、

歩き続けることで生活にリズムが生まれます。
止まると、自分の中の"流れ"がよどみ濁るのを感じます。
とか何とか理由をつけて、もっと歩くことにしました!

インターナショナル・アパラチアン・トレイル(International Appalachian Trail)はATの北端カタディン山から北に延びるトレイル。
構想ではアメリカだけではなくカナダ、グリーンランド、ヨーロッパ、北アフリカまで及ぶ超長距離トレイルですが、現実的にトレイルとして歩けるのはカナダのコベック州Cape Gaspeまでの約680マイル。



AT終点はIATスタート地点、カタディン山頂からさらに約100マイル歩いて、今はメイン州Houltonという町に来ています。もう1カ月ほどかけてCape Gaspeまで歩くつもりです。
まだ先は長い!

From International AT 2011


IATについての詳しい情報はウィキペディアで>>IAT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。